AGAとホルモンの話

 

5αリダクターゼとジヒドロテストステロン

 

生え際や頭頂部から脱毛が進行してしまう男性型脱毛症、略してAGAとよばれる症状については、男性ホルモンを中心とした体内のメカニズムが深くかかわっているといわれています。

 

男性の体内では、テストステロンとよばれる男性ホルモンが多く分泌されていますが、これがジヒドロテストステロンとよばれる、より強力な男性ホルモンに変換されることがあります。ジヒドロテストステロンは、毛髪の根元にある毛乳頭の受容体(レセプター)に吸着する性質をもっていますが、実際に吸着してしまうと、毛髪が伸びるのを阻害するような命令体に送り続けることになってしまうため、これがAGAの大きな原因になるとされています。

 

もっとも、男性ホルモンであるテストステロンは、そのままの状態でジヒドロテストステロンに変化するわけではなく、ここに5αリダクターゼとよばれる酵素がかかわってきます。5αリダクターゼは、AGAにより薄毛になりやすい部位である前頭部や頭頂部に多く分布している体内の酵素であり、テストステロンと結びつくことによって、それがジヒドロテストステロンに変化してしまうのです。

 

そこで、AGAの症状をくいとめるためには、テストステロンそのものではなく、5αリダクターゼのほうを阻害して、ジヒドロテストステロンをこれ以上つくらせないようにするという方法が有効となってきます。

 

こうした考え方のもとで開発されたのが、薄毛治療の画期的な治療薬として世界的にも流通しているフィナステリドとよばれる物質です。口から摂取する飲み薬のタイプで、血液を通じて有効成分は体内に拡散することになるため、頭皮にふりかける一般的な発毛剤のようなものよりも、さらに大きな効果が期待できます。
ただし、このような薄毛治療のための医薬品は男性ホルモンにかかわるものであるため、妊婦があやまって服用してしまうと、胎児が男子であった場合に、生殖器官への催奇形性があるともいわれていますので、取り扱いには注意しなければなりません。