妊娠中・出産後特有の悩みの一つとして抜け毛が増えてしまうというものがあります。

 

妊娠中・出産後の女性に抜け毛が増えるのはなぜか?

 

その原因は、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンです。

 

プロゲステロンは、基礎体温を上昇させることで妊娠を維持したり、乳腺の形成や体内に栄養素を取り込むなど、妊娠の為には欠かせない女性ホルモンなのですが、この分泌量が急激に増減することが抜け毛を引き起こしてしまうのです。

 

女性の体は通常、プロゲステロンとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの両方がバランスを保つことで維持されていますが、妊娠中はプロゲステロンのが分泌量が増加してしまいますので、一時的にホルモンバランスの乱れが引き起こされてしまいます。

 

女性の抜け毛の原因として、ホルモンバランスの乱れがありますので、妊娠中に脱毛が起こりやすくなってしまうのです。

 

また出産後は、逆に分泌量が増えていたプロゲステロンが急速に減少しますので、同様にホルモンバランスの乱れが起こり、産後の脱毛という形であらわれるのです。
このようなことから考えると、妊娠中から出産後の抜け毛の対策としてあげられるのが乱れてしまったホルモンバランスを正常にするということになります。

 

基本的には出産後、ある程度、体が落ち着けば自然と抜け毛は減って元に戻っていくのですが、育児による睡眠不足やストレスによってホルモンバランスの乱れがなかなか戻らなかったり、抜け毛が進行して目立ってしまうというケースもあります。
このような時には、出来るだけ早めに医師に相談をすることが最もよい対策となります。

 

病院に行くほどではない時には、女性ホルモンが配合されている産後の女性向け育毛剤などを使用するのもおすすめです。
女性向け育毛剤は、頭皮の保湿など髪が育ちやすい環境を整えるための天然成分なども配合されているので、ホルモンバランス以外の原因で起きている抜け毛にも効果的です。

 

また妊娠中・出産後の抜け毛を予防するという意味でも、日ごろからバランスのとれた食事や規則正しい生活習慣でホルモンバランスの乱れにくい体を保つことを心掛けるようにするとよいでしょう。