頭皮の皮脂について

 

頭皮の皮脂と薄毛の関係について解説

 

薄毛に悩んでいる人は決して少なくはないのですが、早い場合では十代や二十代で症状が現れることもありますし、三十代の半ばや四十代になると、気にしている人の数はかなり多くなります。とにかく早い段階で手を打っておくことで改善しやすくなるので、気になるのならすぐに対処しておくことをおすすめします。

 

バランスの良い食事を心がけたり、ストレスを溜めないように普段から趣味を見つけておく、睡眠不足を避けるようにするなどが効果的なのです。
その他にも頭皮を清潔にしておくということも大切で、そのためには頭を洗っておくのが良いのですが、この時に注意しておきたいのは、洗髪のやり方です。

 

きれいにしたいからと、爪を立てたり、力一杯洗ってしまったり、または日に何度も洗う、ボディーソープや石鹸といった洗浄力の強いものを使う、というようなことは避けておきたいものです。というのも、頭皮は発毛するための土壌なわけですから、傷つけてしまっては良い影響があるわけがないので、できるだけ指の腹の部分で優しく洗っておきたいです。

 

さらに皮脂というのは、多過ぎてもいけませんが、少な過ぎるというのも考えもので、毛穴が詰まってしまうので毎日洗って除去しておかなければならないのですが、実は皮脂が適度にあることで、頭皮が乾燥するのを防いでくれています。それだけでなく、皮脂がなくなってしまうと、紫外線などをまともに浴びてしまいますし、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、適度な量に保たなければならないのです。

 

中には、脂性だからと言って、一日に何度もシャンプーしてしまう人がいるのですが、皮脂が足りなくなったと感じると、頭皮は必要以上に皮脂を出そうとしてしまうため、逆に脂ぎった頭皮になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

そのような状態にならないためには、頭を洗うのは一日に一回で良いので丁寧に行なうようにし、薄毛改善のために作られたシャンプーを使っておきましょう。