植毛と増毛について

 

植毛と増毛はどう違うの?

 

少なくなった髪のボリュームを確実に増やす方法には、植毛と増毛の二つの方法があります。

 

自毛植毛とは、毛を増やしたい部分に脱毛しにくい後頭部や側頭部から皮膚と一緒に髪を採取して移植する方法で、移植された毛包から新しい髪が生えて成長するので、自分の毛が場所を変えて生え続けます。

 

長所としては、自分の皮膚を使って手術が行われるので、拒絶反応の心配がありませんし、約95%という高い確率で手術が成功しています。育毛剤などを使うと効果に個人差が出ますが、自毛植毛ですと誰でも高確率で薄毛改善に成功するという大きなメリットがあります。植毛をして生え揃った髪はまぎれもなく自分の髪なので、かつらなどを異なり、特別なメンテナンスの必要がありません。普段通りにシャンプーをするだけなのでたいへん手軽です。蘇った自分の髪は、スタイリングも自由自在ですし、スポーツする時に髪を気にする必要がありません。また年をとっても周囲の髪と同じように白髪になるのでとても自然です。

 

短所としては、一度の手術で増やせる髪の密度には限りがあるので、何度か手術を繰り返す必要があり保険がきかないこともあって、費用がたいへん高額になります。頭皮を採取した部位は傷跡が残るので、加齢で髪が少なくなると目立つ場合もあります。

 

増毛は、人工毛髪を自毛に結いつけるので短期間に髪のボリュームを増やすことができます。自毛植毛のような医療行為ではないので、短い期間で簡単に増やしたい方にはピッタリの方法です。かつらと違って頭皮を締め付ける不快感もなく、増毛は自毛に結い付けることになるため、頭皮への影響がなく通気性もあります。

 

短所としては、自毛に結び付けるため髪が抜けると一緒に抜け落ちてしまうことと、自毛が伸びると結び目もずれてくるので、定期的なメンテナンスが必要になり費用と手間がかかります。また、自毛が残っていない場合には、増毛を行うことができないこともデメリットだといえるでしょう。